おすすめの飲みやすい青汁はコレ「クセなし、苦みなし、ゴクゴク飲める!」

昔より飲みやすくなったと言われる青汁ですが実際に飲んでみれば「不味っ!!」と思うものがほとんどです。

本当に飲みやすい青汁なんかないのでしょうか?

いや、そんなことはありません。

青汁が苦手な人でもゴクゴク飲める青汁があるんです。

そんな飲みやすい青汁を2つの味のタイプに分けてご紹介します。

飲みやすい青汁の条件

青汁は基本的に苦みや青臭さが飲みにくい原因となっています。

では飲みやすい青汁は何が違うのか、その答えを調べてみました。

ケールを使わない青汁

青汁の苦さの原因は主原料にあります。主に青汁の主原料は「明日葉」「ケール」「大麦若葉」「クマザサ」などがあるのですが、この中でもケールが特に苦みが強いのです。

ですから飲みやすい青汁を選ぶ際は原材料に注目し、ケールが使われていないかをまず第一にチェックしましょう。

甘さを求めるならフルーツ青汁

野菜ジュースのような甘さを青汁にも求めるのでしたら、フルーツ青汁がおすすめです。

フルーツ青汁は原材料にたくさんのフルーツを使用しているので、フルーツの甘さで青汁の苦みを消し、まるでジュースのように飲むことが出来ます。

また、フルーツ青汁は酵素が多く含まれているのでダイエットにも効果出来ですよ

クセのない青汁なら抹茶入りがおすすめ

飲みやすい青汁でもフルーツ青汁は糖分が入っているので嫌だという方もいらっしゃいます。

そんな方には抹茶入りの青汁がおすすめです。抹茶が入った青汁は苦みが軽減され、さらに甘くないので抹茶本来の味を楽しみたい方にも人気があります。

ですからスタンダードな飲みやすい青汁になるんです。

飲みやすさ重視!おすすめ青汁はこれ

飲みやすい青汁には甘みのないスッキリとした味わいのタイプと、甘みが強いジュース系の青汁のタイプがあります。

この2つのタイプで一番おすすめの青汁がこちらです。

甘くないスッキリ系なら【極みの青汁】

極みの青汁はサントリーが販売している青汁で、素材・品質・おいしさに力を入れた非常に飲みやすい青汁です。

甘みがない代わりに抹茶と煎茶をブレンドして青汁の嫌な苦みや青臭さを見事に消しています。

口に入れると水のようにスッと飲めて後味がよく、20代の若い人から60代の年配の方まで広い層に支持を得ているんです。

クセのない飲みやすい青汁をお求めの方にぜひおすすめします。

甘みのあるジュース系なら【めっちゃぜいたくフルーツ青汁】

苦みが全くないまるでジュースのような青汁をお求めなら。この「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」がおすすめです。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は野菜やフルーツをたくさん配合しており、20代の愛用者がとても多い青汁となっています。

また、めっちゃぜいたくフルーツ青汁には酵素や乳酸菌が含まれているので女性に嬉しいダイエット効果も期待できます。

飲みやすい青汁をさらに美味しくアレンジ!

「極みの青汁」、「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」のどちらもとても飲みやすい青汁なのですが、飽きることなくより継続してのむためにいくつかのアレンジ方法があります。

極みの青汁は抹茶代わりになる

極みの青汁は抹茶が入っていて、味にクセがないため、牛乳、豆乳などに混ぜることで抹茶風味を楽しむことが出来ます。

またパンケーキなどに入れても色鮮やかな抹茶ケーキのようになり、とてもおいしく頂くことが出来ますよ。

甘みが欲しくなった際は砂糖を入れるのもおすすめです。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁には野菜ジュースが合う

フルーツ青汁と野菜ジュースは味がとても似ているため、混ぜても気にならず野菜ジュースの甘みがいい苦み消しになります。

また、さらにハチミツなどを加えて甘みを足すことでさらに美味しく飲むことが出来ますよ。

ただしダイエットをしている方は糖分を控えるためにあまりおすすめ出来ません。

もしダイエット中で味を変えたいのでしたら、ヨーグルトに加えることでフルーツヨーグルトのような味を楽しめます。

カロリーも少なく、乳酸菌も取れるのでぜひダイエットにおすすめです。

その他の青汁は下記サイトをチェックしてみてください。

おすすめの青汁!通販で買うか市販で買うか?あなたにピッタリの青汁をお届け!

市販と通販の青汁について細かく比較していたり、総合敵におすすめ出来る青汁を紹介しているサイトさんですよ!

まとめ

飲みやすい青汁を求めるのなら苦みも甘さもないスッキリ系か、甘さの強いフルーツ青汁かの2択になります。

もし甘さ控えめで低カロリーの飲みやすい青汁なら「極みの青汁」、甘さの強い青汁なら「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」がおすすめです。

どちらも非常に飲みやすく、